層雲峡・大雪山写真ミュージアム 市根井孝悦の世界へようこそ

館長プロフィール

写真家 市根井孝悦の作風


秋色の沼の平湿原/当麻乗越より(9月下旬)


流れを彩るミヤマバイケイソウ/ヒサゴ沼(7月初旬)

氏は、従来の山岳写真家がともすれば追い求めた超自然的な崇高美やアルペン的景観を意識しながらも必要以上にそれにこだわることなく、先住民族アイヌの人々がこの山域を駆け巡っていた遠い過去に思いをはせ、その情景から自然に湧き出る内なる高まりを制作の源としている。その結果、足元の何気ないたたずまいに目を向け表現することに重きを置き、大雪山についてはその特徴である「平らの美」にひたすら目を向けて表現してきた。この作風は新鮮で、日本山岳写真界に新たな境地を開いたと言える。(自然雑誌faura編集長 大橋弘一)

略歴

市根井孝悦(いちねい・こうえつ)

1938年函館市生まれ。北海道教育大学(現)卒業後、函館白百合学園高等学校に奉職。教員の傍ら大雪山系を撮影。プロ転向後は創作活動を北海道全域に広げ今日に至る。
なお、教職時代、山岳部・写真部顧問として高校生を指導し、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)山岳部門、全国高等学校写真選手権大会(写真甲子園)等で優勝を果たすなど、指導者として高い評価を得ている。

  • 主な著作
    • 「名峰シリーズ 大雪石狩十勝」 「大雪山」 「北海道の山 三部作」(大雪山 母なる大地・日高山脈 遙かなる山並・カムイの山 北海道の 名峰たち) 「大雪山 四季の彩り」(以上山と渓谷社)、 「大沼駒ヶ岳 碧り光る水辺」(北海道新聞社)など。
    • CD-ROM「大雪山」(金羊社)
  • 写真展
    • 「世界芸術博覧会」(中国・上海市)に出展、北海道立函館美術館、西武百貨店、東武百貨店、 フジフォートサロンなど多数開催
  • 受賞歴
    • 平成2年度・芸術新賞(北海道文化団体協議会)、平成15年度・函館市文化賞など受賞

ページトップへ戻る

北海道山岳写真の殿堂 層雲峡・大雪山写真ミュージアム 市根井孝悦の世界

開館時間
午前9時〜午後5時
入館料(税込)

     一般600円・中学生以下無料

      (10名以上の団体は1人500円)

     町民300円・中学生以下無料

      (10名以上の団体は1人200円)

開館期間
5月1日〜10月31日

(期間中無休)

※休館
11月1日〜翌年4月30日
リンクメニュー