層雲峡・大雪山写真ミュージアム 市根井孝悦の世界へようこそ

ミュージアムご案内

層雲峡・大雪山写真ミュージアムとは?

大雪山の魅力を発信するギャラリー

大雪山の魅力を発信するギャラリー

ご利用案内

開館時間 午前9時〜午後6時
休館日 無休(11月1日から4月30日までは休館)
入館料 一般 600円(中学生以下は無料)
  団体 500円(団体は10名以上)
  町民 300円(中学生以下は無料)
  町民団体 200円(団体は10名以上)
企画展示室使用料 A、B、C(各45u) 各700円/1日
駐車場 あり

3部構成の展示スペース

層雲峡・大雪山写真ミュージアムは、日本最大級の規模を誇る写真展示場です。自然に溶け込むロッジ風の入口を入れば、そこはもう層雲峡と大雪山国立公園の絶景が広がるスペース。3部に分かれた展示スペースで季節ごとの大雪山写真が鑑賞いただけます。

第1スペース(アリーナ)

「豊穣の大地」

夏から秋の大雪山がテーマ

第2スペース(多目的ホール)

「光の大地」

冬から春にかけての大雪山がテーマ

第3スペース(廊下)

「大雪に戯れる妖精たち」

大雪山の動植物がテーマ

施設概要

建築面積:1,570.07u 鉄筋造 地上2階建

一般の方が作品展示などにお使いいただける「企画展示室」も
あります。詳しくはお問い合わせください。

コーヒーショップ「I'hakuun」

喫茶コーナーのほか写真集、オリジナルポストカード等を販売しています。

ページトップへ戻る

北海道山岳写真の殿堂 層雲峡・大雪山写真ミュージアム 市根井孝悦の世界

開館時間
午前9時〜午後6時
入館料(税込)

     一般600円・中学生以下無料

      (10名以上の団体は1人500円)

     町民300円・中学生以下無料

      (10名以上の団体は1人200円)

開館期間
5月1日〜10月31日

(期間中無休)

※休館
11月1日〜翌年4月30日
リンクメニュー